技術紹介

最先端で

ITを使いこなすことが競争のスタートに立つことだといわれています。デジタル革命の一翼を担うハ-ドディスク(HDD)IT革命の中核であるパソコンをはじめとする多くの情報機器に内蔵され、記憶装置として急速に量を伸ばすとともに、質においてもこれまで以上の精密加工技術が要求されています。

精密金属加工

私たち日本スーパー工業は独自に積み重ねてきた精密金属加工技術を基礎にして、さらに、高品質な超精密加工に挑戦し、困難だとされてきた超精密加工の自動化を世界に先駆けて実現させてきました。これからも「技術者という名の先駆者たれ」をスローガンに、多様化、高度化する市場の要求に応えるペく絶えず新しい技術の提案と製品開発を行い、時代の産業を支える一員としてその役割を果たしていきたいと考えております。

ビデオデッキのモーター部品の開発からのスタート

もともとはビデオデッキのモーター用部品をつくっていました。それは、鮮明な映像を映し出すために非常に精密な精度が要求される分野でした。回転軸を受けるのに、少しでも誤差があると正確な回転は得られず、映像は乱れてしまいます。ここから私たちの超精密秘術との格闘がスタートしたのです。

現代科学とクラフトマンシップ

金属を削り出す。この地味な行為が私たちの基本です。金属の特性(熱伝導や硬度)の分析、それに対応する加工技術の蓄積。削る刃の素材の分析から角度、回転速度まで。現代科学とクラフトマンシップ。この両輪が私たちの技術を確立したのです。その精度はもはや肉眼で確認することは出来ません。

10万分の1の世界

世界が私たちの技術に注目している。現在、世界のハ-ドディスクのうち40%以上が当社の回転部品を使用しています。国内外のハイテクメーカーからの生産要請も年々増加しています。超精密加工は次世代の産業を支える基盤となる最新技術です。私たちは貴重なノウハウの蓄積をベースに、現在の市場シェア、客先からの信頼に満足することなく、新たな技術フィールドに向けてさらに進化した加工技術を模索しています。私たちが技術で勝負できる世界は確実に広がっていきます。